お前、車運転できなくなったらクビやで。

目安時間12分

 

 

煽り運転する8割の人、仕事できひん。

 

 

こんにちは
タツ
です。

 

 

ちょっと遅いんですけど、
今年の6月30にから
妨害運転目的運転として
いわゆる「煽り運転の」罰則が厳しくなりましたね。

 

 

 

結構、
重めの罪になるので気を付けてください。

 

 

1、通行妨害目的で一定の違反をした場合。
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
違反点数25点→免許取り消し(欠格期間2年)

 

 

2、上記の行為に加えて、著しい危険。
(高速道路の停車等)
5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
違反点数35点→免許取り消し(欠格期間3年)

 

 

欠格期間ていうんは
この期間は免許の再取得はできませんよ。
ってことです。

 

 

 

結構キツイでしょ。

飲酒運転とほぼ同じです。

 

1、が酒気帯び運転と同じ罰則。

2、が酒酔い運転と同じ罰則。

 

 

 

妨害運転って
じゃあ具体的には何ってところですが。

・後方からの著しい接近
・クラクションやハイビーム
・幅寄せ
・割り込み後に急なブレーキ
・蛇行運転
・つきまとい
・停車して道を塞ぐ
・その他

 

が対象になるみたいです。

その他は、高速の低速運転も含まれます。
ちょっとだけ鹿児島県でニュースになりましたよね。

 

 

一般道でも高速道路でも
大きく走行を妨害する行為は罰則対象になる。

ということですね。

 

 

やっと罰則が厳しくなくって
めちゃくちゃ嬉しいです。

 

 

仕事柄、運転する時間は長いんですよ。
高速も3時間、4時間クラスは全然あります。

日の半分以上は車の中ですからね。笑

 

 

 

いやね。
これだけニュース、ネット、SNSで
騒がれてるのにまだ煽る人は煽るんですよ。

それが追い越し車線じゃなくても、
ですよ。

 

 

 

私も経験ありますし、
煽ってる車を目撃するなんて
これだけ乗ってりゃ、わりと見ます。

 

 

いや、あれ女性とかマジで怖いと思いますわ。
グイグイきますからね。

 

 

自己主張とアクセル全開で来ますから。
我、我、俺のこともっと見て、もっと見て、
言わんばかりの感じで攻めてきますもんね。

 

 

今度は、
警察に見られて罰せられてください。

 

 

ちゃんとドライブレコーダーはつけんと
アカンで。

証拠ですので。

ホンマ、アホやろ。

 

 

相手に何があったか知りませんが。
何かにイラッとしたんでしょう。

 

 

その一瞬だけイラッとしたことで、
人生棒に振りますからね。

しかも、それがですね。
おもっきり営業車の人もます。

 

 

 

車のサイドに社名が
「〇〇株式会社」
ビッシー、書いてある人もたまにいるんすよね。

 

 

ヤバない?
アホやろ。

お前、
車運転できなくなったらクビやで。

 

 

どんな急ぎの仕事やねん。
もっと家早くでろ。

 

 

早く帰りたいなら、
仕事早く切り上げろ。

 

 

アホか。

びっくりするでしょ。

なので・・・

 

 

次遭遇したら、
通報するかもしれません。笑

 

 

逆に
相手が煽りと思った時点で、
妨害運転が適用されたら今度はたまったもんじゃないので。

 

 

車間距離には十分注意しましょう。

これは私自身も気を付けんとアカンのです。
今までも車間距離が近い時が
絶対になかったとは言えないので、

 

 

気を付けます。

 

 

いつも心に思ってるのは
煽られたり、煽ってる人を見つけた時は

警察に捕まってもいいぐらいの
理由があるんだ。
と言い聞かせてます。

 

 

捕まったら目的地に着くまで
結果的に倍以上の時間がかかるんですけどね。笑

 

 

やっぱ、アホやろ。

 

気を付けましょう。

もっとスッと終わるかと思ったんですけど、
気持ち長くなったので。

 

 

小言では
アドセンス目線で書いてます。

 

 

ーーー
小言

ーーー

 

で、ですよ。
せっかくなんでアドセンス目線で。

 

「煽り運転 罰則」
ってキーワードで調べたんですけど。

 

 

公式で出てるHPってマジで
どれも見にくいですよね。

(ディスってる訳ではありません。公式なんで仕方ないと思ってます。)

 

やっぱり記事の構成って
めちゃくちゃ大切です。

 

特に結論を最初に持ってくる。
ここは大切です。

 

 

今回
私は罰則がどれぐらい重たいのか知りたかったんですよね。

今回ならば、
冒頭で書いた。

 

 

ーーここが結論部分ーー

1、通行妨害目的で一定の違反をした場合。
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
違反点数25点→免許取り消し(欠格期間2年)

2、上記の行為に加えて、著しい危険。
(高速道路の停車等)
5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
違反点数35点→免許取り消し(欠格期間3年)

ーー終わりーー

 

 

この結論が知りたかったんです。

 

 

で、補足で、
どんな行為が対象になるのかとか
知りたかっただけなんです。

 

ーーここ補足部分ーー

妨害運転って
じゃあ具体的には何ってところですが。

・後方からの著しい接近
・クラクションやハイビーム
・幅寄せ
・割り込み後に急なブレーキ
・蛇行運転
・つきまとい
・停車して道を塞ぐ
・その他

ーー終わりーー

 

 

この部分。

ただこれだけを知りたかったんですよ。
あとは離脱です。

 

 

メルマガのネタにしてるので、
ちょっとはマジメに読みましたよ。

ただですよ。

 

 

上位表示してる公式HPは

煽り運転とは・・・
煽り運転に当たる行為は・・・
罰則の内容は・・・

やっとここで出てくる。

1回離脱したもうたし。

今回みたいに
メルマガのネタにしようと思うから読み直りしたり
離脱しても戻ってくるけど、

生活のこととか
イベントの事なら
そのブログに戻ってくる事ないですよね。

 

 

 

例えば、そやな。

扇風機を掃除する方法はどんな方法がいいのか。

「扇風機 掃除」

って調べてみたとする。

 

開いたブログが
扇風機とは・・・
扇風機の歴史・・・

 

みたいな事書いてたらどうします?
即離脱でしょ。

タップ&フリックでしょ。

 

 

ちょっと極論ですけど、
アドセンスブログでやってしまってたら
致命的です。

 

 

まずは、
結論を書く。
最低限、ここは押さえておいてください。

 

 

ちょっと前は、
結論が最後のパターンだったようですけど、
最後に結論を書いた方がよく読まれるという理由で。

 

 

そんな誰が書いたかもわからないブログ
マジマジと読まないですよね。

必要な情報が取得できたら、
そのブログとはおさらばです。

 

 

どうしても気になった場合は
その先も見るかもしれませんけど、
よっぽどのことがない限り、離脱されます。

 

 

私もそのパターンが多いですし、
あなたもそうでしょ?

 

 

 

だからまず
結論を書いて少しでも読んでもらう。
ここ大切です。

 

 

この記事構成の重要な部分をスッとばしてしまうと、
仮に上位表示してブログをクリックされても

よく読まれない。

ということになるので、
ブログの評価も上がらない。

 

 

 

広告はクリックしてもらえる
可能性は少なくなる。

損しかないんですよね。

 

 

なので、
記事構成の重要な部分、
まずは最低限、冒頭に結論。

この点は守っていきましょう。

 

 

ーーー
雑談
ーーー

 

 

煽り運転ダメ絶対。

防犯カメラ、周辺車のドラレコ、
同乗者のスマホ撮影。
いくらでも証拠は集めることできますんで。

 

参考にしたサイトはコチラ。

 

 

ーーー
戯言
ーーー

 

 

 

あっ、
自転車も軽車両に当たりますので
違う罰則がありますので、
注意してくださいね

 

 

ほなまた。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
このブログを作ってる人について
副業なら楽して稼いでナンボ。
お陰様でいい順位がキープできてます。
人気の投稿とページ
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ